カフェでのマンツーマン英会話

私は現在、英会話を習っています。 実は以前、仕事で先輩たちと海外に行った時のこと。
英会話 札幌 横浜  オフの日が半日だけあったから、みんなで観光しようか!って話になったんですよね。 そしたら一人の女の先輩が、「私は一人で歩いてみようかな」って、異国の地で単独行動をしたの! か、かっこいい!!!!
その先輩は英会話がそこそこできて行動力もあるから、異国の地でも自由気ままに一人で観光できたんです。 夕食時はその先輩も一緒にみんなで食べましたが、先輩はガイドブックなんかには載っていないような、 地元の人しか知らないような場所を見てきたようで、その行動力には本当に憧れました。
なので私も英会話を習得し、いつか一人で海外旅行に行きたい! そう思うようになったんです。 そして英会話をしっかり学び、先日、団体のパックツアーに一人で参加をしました! そして自由行動の時は一人で異国の地を闊歩し、タクシーは怖くて乗れませんでしたが、 道に迷ったらお得意の英会話で道を聞き、そしたら現地の親切な人が観光案内までしてくれる嬉しい展開になったんです!
英会話 横浜  ただ、旅行に行く前に先輩から 「いい?どんなに親切そうな人でも、あくまでも外国! 知らない人とは、絶対に密室で二人っきりになっちゃダメだよ!」 とアドバイスをもらっていたので、その辺はきちんとライン引きをしましたけどね。
その日はスクールで学んだ英会話とジェスチャーで、現地の人と楽しく観光ができました。 英会話ができると、度胸がつきます。 度胸がつくと、積極的に人とコミュニケーションをとろうとし、それが楽しい旅行のエッセンスとなってくれるんですよね。 こんな楽しい世界、初めて知りました!
今回の旅行で自信がついたので、最終的にはパックツアーじゃなく、行きも帰りも一人の海外旅行をしてみたいと考えるようになりました! 英会話を習った関係でアメリカ人の友達もできたし、今はネイティブに色々教わったりもしています。 次のボーナスをもらったら…今度はどこの国に旅行してみようかなぁ。 英会話をきっかけに、すっかり海外にハマっちゃいました(笑)

最近盛んにテレビで英会話学校のCMが流れてるのを目にしますが、 逆にたくさんCMがありすぎてどの英会話学校がいいのか分からなくなるときがありますよね。
一番気になっているのが、ハーフかと思われる男性がちょっとした芝居がかった台詞を言うCMなのです。 私はひねくれ者なので、あかさまに普段言わないような難しい言い回しで言っているそのCMを見るたびにこの学校には行かないかなと思ってしまいますね。
もし行くなら小さい頃に通っていた英会話学校に行きたいですね。子供英会話 札幌こちらも全国展開している英会話学校なので知名度が高くCMで見る機会がよくあります。 それだけでその学校に今でも行きたいわけではありません。その学校に通ってたことで英語が好きになったし、最終的には英語関係の大学に進むことになりました。
先生も分かりやすくて優しかったし、外国人講師の前でのスピーチも凄く好きでした。今では良い思い出です。 その英会話スクールには小学校2年生くらいから通い始めました。少人数制のクラスで、日本人の先生1人に対し5人くらいの生徒がいたと思います。
生徒にはそれぞれ英語の名前が付けられます。私はエンジェルという名前をもらったのですが、ほかの生徒たちはウォーリー、クリス、サラ、トムがいました。 授業の中では全てその名前で呼ばれます。
授業ではテキストと問題集が使われました。基本的にはCDを聞いて先生が説明をして、発音の練習もし、問題を解くという流れなのですが、 カルタ取りなどのゲームもありすごく楽しんでましたね。 英語で会話するというのも私が英語好きになったきっかけと、思います。
学校は英語系の大学だったので、もちろん英会話の授業もありました。高校までの授業でリスニング力をきたえていなかったので、英会話の授業は非常に苦労しました。  なれてくると外国人講師と英会話を楽しめるようになり、ますます英語が好きになりました。 子供の頃のこの体験が凄く役に立ったなとよく思いますよ。

最初の頃は全く英語が理解出来なくても、英会話が得意な他の社員さんの話などを聞いているうちに、自分も自然と英語が理解できるようになって来るかも知れません。 若い人のほうが覚えは早いと思いますが、これは年齢はあまり関係ないと思います。
英会話 スクール 例えば、昔は携帯電話なんてありませんでしたよね。 携帯が普及したのは此処12年ぐらいです。 今のおじさんおばさん世代は、当然若い頃に携帯電話なんて持ってなかったのです。
それなのに、おじさんおばさんになってから、携帯電話がポピュラーになりました。 「こんなの使い方わからない」と言いつつも、携帯の使い方を皆マスターしています。 そうです。
歳を取ってからでも、ちゃんと覚えことが出来るのです。 それは普段から携帯電話を使用しているからです。 それと同じで、英会話も普段から沢山使用することで自然と覚えていくのではないかと私は考えます。
私の会社は有名な所ではないので、社内公用語が英会話になることはなさそうです。 安心しつつもあり、英語が学べる機会がないのでちょっと寂しくもあります。

ここ近年で、社内公用語を全て英会話にする企業が増えていますよね。 特に大手と呼ばれる世界的・日本的に有名な企業ほど、こども英会話 札幌社内公用語に英会話を取り入れることが多い気がします。
まだ入ったばかりの方や、英会話が得意な方は良いと思いますが、英語が苦手な方や昔から働いている人は正直最初どう思ったのでしょうかね? きっと凄く戸惑ったと思います。
もし私が長年勤めていて、ある日突然「社内公用語は英会話になります!」なんて言われてしまったら焦ってしまいますよ。 若い人は覚えるのも早いと思いますが、おじさんおばさんになってから英会話を1からマスターするのは時間も掛かりそうです。
学生時代、誰でも英語の授業は経験しているはずですが、英語は使わないと忘れるものです。 自転車に乗ることは体で覚えていますが、英会話は脳で覚えるものです。 使わないと忘れてしまうのです。
しかし、英会話を効率よく勉強するには、普段から英会話に触れることではないでしょうか。 その為にも、社内公用語が英会話というのは凄く大事なことなのかも知れません。

英会話 札幌 横浜 私の中学に他にも英語の教師は2人いましたが、その2人は絶対にすれ違っても英会話で話しかけて来ることなんてありません(苦笑)。 私がすれ違った時に「Hello!」と英会話で話しかけても絶対に日本語でしか返してくれないんです。 これって英語の先生なのにひどいと思いませんかー? 私はもっともっと英語が学びたいんですよね。
だから、いつもすれ違う度に英語で声を掛けて来てくれるこの年配の先生は凄く貴重な存在だなと思いました。 高校でも英語の授業は勿論ありましたが、彼女のように常に英語で話しかけて来てくれるような先生は誰もいませんでした。 この先生はあの頃もう定年間近ぐらいでした。
そのあと妹もこの先生の授業を習ったりしたそうですが、やはり妹にもすれ違った時に英会話で話掛けてきたとのことでした。 現在はもうとっくに定年退職している頃だと思いますが、このような先生が定年を迎えてしまうのは凄く残念ですね。
私からこっそりとお願いしたいことがあるのですが、中学や高校の英語担当の先生は、どうか生徒に積極的に英会話で声を掛けて欲しいと思います。 嫌でも英語を聞いていれば覚えて成績は伸びます。 私は英会話で声を掛けて来てくれていた、あの先生のおかげで大分救われた気がします。

私の中学生の頃にいたも優しい先生の話を書きたいと思います。
英語の授業は、2人の先生で行っていました。 他の学校もそうなのでしょうか? 若いほうの先生がメインで教えて、もう1人の先生が発音を中心に教えると言う形でした。 このもう一人の先生はご年配の女性だったのですすが、凄く良い先生なのです!
ちょっとキツイ部分もあるので、中には「ババァ」と陰口言う人もいましたが私は大好きでした! 彼女に会うのが凄く楽しみだったのです。 廊下ですれ違った時、必ず英語で話掛けて来てくれるのが嬉しかったですね。 私は英会話を覚える為には、普段から少しでも多く英会話を使う機会を増やすのが大事だと思います。 彼女は私と同じ考えだったのかも知れません。

スペシャルサンクス

copyright c 2012?All Rights Reseved.