私たちが知らない仏教の世界

水星の公転周期は約88日。その軌道離心率約0.21は太陽系惑星の中でもっとも大きく、近日点が 約0.31 AU (46 ×106 km) で遠日点が 約0.47 AU (70 ×106 km) という、太陽を焦点のひとつとする大きな楕円軌道を描いている。
公転面は地球の公転面(黄道)に対して7度の傾きがある。その結果、水星の日面通過は黄道に水星があるタイミングに限られ、平均7年に1度しか観測されない。この軌道の近日点は太陽の周りを周回する形でゆっくりと移動しており、その度合いは100年で574秒である。このうち531秒は金星など他の惑星からの重力効果で説明できたが、残り43秒についてはニュートンの古典力学では説明できなかった。
このため、ある条件で逆2乗の法則が成り立たなくなるという説や、水星の内側にもう1つ惑星があるという説が現れた(バルカン参照)。このニュートン力学では説明できなかった43秒は、後にアインシュタインの一般相対性理論によって「太陽の重力により時空が歪んだ結果」として説明づけられた。

水星の自転周期は58日。1965年にレーダー観測が行われるまで、水星の自転は地球の月や他の多くの衛星と同様に、太陽からの潮汐力によって公転と同期しており、常に太陽に同じ面を向けて1公転中に1回自転していると考えられていた。
しかし実際には水星の自転と公転は 2:3 の共鳴関係にある。すなわち、太陽の周囲を2回公転する間に3回自転する。
水星の公転軌道の離心率が比較的大きいため、この共鳴関係は安定して持続している。水星の自転と公転が同期していると考えられた元々の理由は、地球から見て水星が最も観測に適した位置にある時にはいつでも同じ面が見えたからであった。
実際にはこれは 2:3 の共鳴の同じ位置にある時に観測していたためだった。この共鳴があるために、水星の恒星日(自転周期)は58.7日なのに対して、水星の太陽日(水星表面から見た太陽の子午線通過の間隔)は176日と、3倍になっている。誕生直後の水星は8時間程度の速さで自転していたが、太陽の潮汐力によって段々と遅くなり現在の同期状態になったと考えられるが、なぜ2:3の比となったのかは分っていない。
水星表面の特定の場所では、水星の1日において日の出の途中で太陽が逆行して一度沈み、その後再び上るという現象が見られる。
これは、水星が近日点を通過する約4日前から水星の軌道速度と角度で測定した自転速度(英語)がちょうど等しくなるため、水星表面から見て太陽固有運動が止まって見えることに起因する。
そこに、近日点である楕円型公転軌道の尖った部分(円弧と長辺の交点)を水星が通り過ぎるために公転による角速度が自転のそれを上回とことが重なり、太陽が逆に進むように見える。近日点通過の4日後には太陽は順行に戻る。 水星の赤道傾斜角(自転軸の傾き)は惑星の中で最も小さく、わずか 0.027度以下でしかない。
これは2番目に傾斜が小さい木星の値(約3.1度)に比べても1/300と非常に小さい値である。このため、日の出の位置は2.1分以上ぶれない。

表面の平均温度は 452 K(179 ℃)であるが、温度変化は 90-100 K から 700 K におよぶ。水星は公転と自転が共鳴しているため、近日点において特定の2箇所が南中を迎え最高温度の700Kに達する。この場所は「熱極」と呼ばれ、カロリス盆地とその正反対側が当たる。遠日点では500K程度になる。日陰部の最低温度は平均110Kほどである。太陽光は地球の太陽定数の4.59-10.61倍に相当し、エネルギー総計では 3,566 W/m2 となる。
このような高温に晒されながら、水星には氷の存在が確認されている。極に近く深いクレーターの中には太陽光が当たらない永久影となる部分があり、温度が102K以下に保たれている。これは1992年、ゴールドストーン深宇宙通信複合施設(英語)の70m電波望遠鏡と超大型干渉電波望遠鏡群 (VLA)が、水の氷による強いレーダー反射を観測して確認された。この反射現象は他にも原因を考えうるが、天文学者は水の氷が存在する可能性が最も高いと考えている。
この氷の量は10×1014-10×1015kg程度であり、レゴリスが覆うことで昇華から防がれていると考えられる。なお、地球の南極に存在する氷は4 ×1018kg、火星の南極には10×1016kg程度の水の氷があると言われる。水星の氷の起源は不明だが、彗星の衝突もしくは水星内部からの放出で生まれたという説が有力である。

私たちが知らない「仏教」

日本は約9600万人が仏教徒であるといわれています。約7万5000の寺院、30万体以上の仏像があり、他の仏教国と比べても桁違いなんだとか。

仏教について無知な私ですが、日本はきっと他国の仏教徒とはかなり違う特色をもっていると思います。日本人は(私も含め)、無宗教だと言う人が多いですが、誰かが亡くなればお寺へ行きます。お墓は当然、先祖代々からとなるものだと思いますが、そのお墓に入る。。

またクリスマスにはお祝いをし、お正月には初詣。そしてお坊さんは結婚しますよね。私の中の勝手な仏教のイメージと、いろんな宗教を受け入れた日本の文化は大きく異なります。不思議に思っていた日本の仏教ですが、飛鳥時代日本へ仏教が伝わって以来、日本独自の変化を遂げてきたのだということでしょう。 現代もそうだと思いませんか。まだまだ他国語を話す国民は、他国に比べて少ないようですが、他国の文化を快く受け入れる心の広い?人種なんだと私は関心します。

そこで皆様、仏教についてどれくらいのことをご存知でしょうか。日本人として一番身近な仏教ですが、実はよく知らないというような方がたくさんいるはず。仏教用語など初心者にも分かりやすく解説したサイトです。仏教の用語も難しそうなイメージですよね。私も同じです。少し仏教の教えというものを学んでみたいと思います。

奇跡の茶の種子茶

霊芝(学名マンネンタケ)をはじめ、高麗人参、アマチャヅル、アロエ、ハブ茶、ドクダミ、ハトムギ、ほうじ茶、カキの葉、カワラタケ、クコ茶、ウーロン茶の12種類のキノコや茶葉をブレンドしております。
12種類のキノコや茶葉をブレンドしております。
その中でも特に霊芝は、中国や日本で幅広い薬能があるものと信じられ、 その効能を裏付けようとさまざまな基礎研究が世界で行われています。

宮古島と石垣島のダイビングを熱望!

ダイビングをするなら石垣島もおすすめです。去年社員旅行で石垣島に行ったんですが海がとても綺麗でした。
 ダイビングセンターの方も優しく指導してくださるので気持ちよく潜ることが出来ました。
最近ダイバーの間で人気が高いのが宮古島と石垣島の青の洞窟です!青の洞窟は光が差し込むことで神秘的な世界が生まれることで有名です。洞窟の中を泳ぐので冒険気分を味わうことが出来ます。宮古島 ダイビング
青の洞窟から差し込む太陽の光に照らされた魚達の群れがとても綺麗でおすすめです。是非天気の良い日に訪れてみてください。
みんなの懸念は社会人になってしまうと、少しだけお金の余裕はあっても時間がなかなか取れなくなること。
 有給休暇が取れるようになっても、そんなのしょっちゅう取れるわけではありません。取り難いですしね、常識外れみたいな行動はとりたくないですし。
だから卒業旅行には結構気合いを入れていて、アルバイトのシフトを入れまくってお金を貯めました。結構自分でも満足行く金額が貯まったんですよ。海外旅行は行けない結果になってしまいましたが、沖縄旅行と北海道旅行を楽しみたいと思います。
  沖縄旅行はもちろん、みんなの目当てはマリンスポーツです。石垣島のほうにも行くので、思う存分に海を満喫できると思います。私個人的には免税店ですかね、目当ては。お買い物も充実していると思うので、かなり期待しています。 私は沖縄へ数回行ったことがありますが、家族との旅行ででしか行ったことがありません。しかも、いつも同じホテルに宿泊していました。母が我がままで(笑)、いつものホテルを気に入っていて、沖縄に行くならそのホテルじゃなきゃイヤだと意地を張るものですからお決まりでした。
だから今回は違うホテルへ泊まれると思うと、子どものようにはしゃぎたい気持ちです。
そして北海道は一度しか行ったことがありませんので、こちらも期待しています。もちろんすべての土地を巡ってみたいところではありますが、なんせ大きい北海道ですから一周なんてことは不可能なので集中的に楽しみたいと思います。
これだけはしたいというのがありまして、乗馬なんですが。馬は大好きなので、時間が許すなら乗馬をしたいですね。牧場なんてたくさんあるわけですから。ただ友だちが牧場に付きあってくれるかどうかが問題です。私は小さい頃に乗馬をしていたんですよ。隔週一度程度のの超ぐうたらな乗馬教室でしたので、馬がダッシュしたら私は振り落とされてしまいます。ゆっくり歩く、少し走る程度なら乗れるのですが、ダッシュは絶対乗れないんです。
あー、早く行きたいな、沖縄旅行、北海道旅行。明日は友だちと旅行の打合せをしてきます。どこへ行くだのどこは後回しだの、そんな話をしてきますね。



スペシャルサンクス

copyright c 2012?All Rights Reseved.